静岡県が運営する、「Rのあるくらし」は、家庭のごみ削減やエコに関する情報を発信しています

2019年09月13日

人形劇『くじらの9ちゃん』が上演されました!

人形劇『くじらの9ちゃん』が上演されました!のアイキャッチ画像

以前Rのあるくらしで紹介した『くじらの9ちゃん』について ∞みらいのたね∞焼津 さんから活動報告をいただきましたので紹介します!

***

9/8 くじらの9ちゃん 
焼津公演を無事終えました。
参加者 48名 (大人26名 子ども22名)

海洋プラスチックごみの問題は
私達人類の生き方暮らし方が形になって
現れているひとつの現象なのです。

地球は人間だけのものではない。
という9ちゃん達のメッセージが
思い出されます。
「私達の暮らしの中で、私達にできることは
なんだろう。」と改めて考えていただく
きっかけになったら幸いです 。
応援して下さった皆様ありがとうございます。

駿河湾をキーワードに今後もご縁をいただき
人形劇 くじらの9ちゃん を公演させていただけたらと思います!


♦︎♦︎♦︎参加者の皆さんの声♦︎♦︎♦︎

⚫︎子ども達にもわかりやすく、大人の私達にはグサリとくるメッセージ。
同じく声を上げていきたいと感じました。

⚫︎親しみやすく、でも大事なことが心に残った人形劇でした。午後に子どもと公園に行ったのですが、さっそくプラスチックごみを見つけて家に持って帰っていましたよ。ちゃんと9ちゃんのメッセージを受け取れたんですね!かわいいマスコットも喜んでいました。
身近な川のこと、海のこと、日々の生活で出しているごみのこと・・・見つめ直そうと思います。

⚫︎内容、良かったです。効果音やアレンジ、のめり込んじゃいますね。家内とこの人形劇、いいねッ!と。子供が家に帰って、親御さんに伝えるという逆転発想も良いと思いました。また、大人も童心に帰って楽しめるとも思いました。子供に影絵も見せてやりたいなという気持ちにもなりました。

⚫︎遠い海のお話しではなく生活に直結しているお話しですね。
行政にも動いて頂きたいですが私達の意識を変えることもとても大事だと思いました。
⚫︎子どもは帰りにくじらさんのマスコットをもらって、「9ちゃんだよ~」と喜んでいました。内容を理解しただろうか?と思っていましたが、早速帰りの水路で「ごみが浮いてるよ」などと気にしていて子どもなりに感じるものがあったかなと思いました。
私なりに出来ることは?と考えましたがまずは保育園の集まりでなにかとレジ袋を使うので、マイバッグの持参を提案してみる、など小さなことからでも行動できたらと思っています。