CONCEPT コンセプト

  1. トップページ
  2. コンセプト

海洋プラスチックごみを減らすために、私たちができること。

静岡県の海のいま

img_now

全域の海岸にごみがあります

静岡県は、約506kmの海岸線を有しており、豊かな自然や景観に恵まれています。 また、漁港や観光施設が整備され、多くの人々がその恵を受けています。その一方でほぼ全域の海岸で漂着ごみ(海岸漂着物)が確認されています。

平成30年には、静岡県内の海岸で 1,600トン のゴミを回収したよ。(国の補助金で回収した量)

img_now

海岸漂着物の内、
7割がプラスチックごみ!

県内の海岸では1回の調査で 200本以上 のペットボトルが見つかったよ。

img_now

プラスチックごみはどこから?

海に捨てられたごみだけでなく、
内陸でルールを守らずに捨てられたりしたごみも
雨や風によって排水溝や川に落ちて海へ流れ着き海洋プラスチックごみになります。

全域の海岸にごみがあります

静岡県内海岸での調査の様子

え!こんなにたくさん!?

日本は使い捨てプラスチック大国?
日本の1人あたりの使い捨てプラスチック廃棄量は、
米国に次いで世界2位です。

世界的に問題になっているマイクロプラスチック

img_now

生き物が間違えて食べてしまうことも

プラスチックは、波や紫外線などにより細かくくだけてしまいます。
こうして、大きさが5mm以下になったものは「マイクロプラスチック」と呼ばれ、世界中の海で確認されており、分解されにくいため海に溜まりつづけてしまいます。
このマイクロプラスチックなどを魚や鳥などが間違えて食べてしまうことがあり、生き物への影響が心配されています。

食べものと区別できないよ。

海のごみ、何が困る?

  • 生き物が間違えて食べてしまうことも
  • 景観が悪くなる
  • 海の生き物が苦しむ
  • 漁業に悪影響をおよぼす
  • 片付けるのに手間とお金がかかる

MOVEMENT 6R 県民運動

私たち一人一人が実践することで、静岡の海から、世界の海からプラスチックごみは減っていきます。

  • topMovement

    リフューズREFUSE

    レジ袋などの使い捨て
    プラスチックをことわぁーる

  • topMovement

    リターンRETURN

    ごみの持ち帰り
    店頭回収の利用

  • topMovement

    リカバーRECOVER

    清掃活動への参加

  • topMovement

    リデュースREDUCE

    ごみを増やさない工夫
    マイボトル・マイバッグ

  • topMovement

    リユースREUSE

    資源の再利用
    フリーマーケットなど

  • topMovement

    リサイクルRECYCLE

    分別して
    再び資源として利用